柔道整復師通信をお届けします

柔道整復師とは柔道整復を仕事とするものをいいますが、これでは何の仕事をしているかぴんときません。
つまり柔道整復師は脱臼やねん挫などの治療を行う人のことを言います。

言語聴覚士の国家試験情報を集めました。

こう聞くと整骨医などと同じ仕事内容だと感じるかもしれませんが、それは当然のことで柔道整復師とは整骨医や接骨医などの法律上の呼び名なのです。

そのほかに似たような名前の整体師という職業がありますが名前が似ているため混同しがちですが保険の適用やその他の面でも整体師とは明確に異なっています。

柔道整復師の情報が沢山詰まったサイトです。



まず柔道整復師になるためには資格が必要なのですが、整体師は資格を必要としません。また施術面でも異なっていて整復師は関節や筋、骨などの損傷に対する治療を行うのですが整体師の場合は主に治療というよりも骨のずれなどを直し体のバランスを整えるなどのことをします。



ではこの柔道整復師になるためにはどうすればいいのでしょうか。まずこの仕事をするためには国家試験に合格しなければなりません。
わずかな情報も見逃さないマッサージ師情報に精通したサイトです。

その試験に合格するためには大学受験を受ける権利を持っている人が国が指定した柔道整復に関する専門学校に合格しなければなりません。


その専門学校で三年以上、ねん挫、骨折などの基礎知識に関する解剖学、生理学について学ばなければなりません。そしてこれらの知識、技術を修得後、国家試験に合格することができれば晴れて柔道整復師になることができます。

この専門学校に通い基礎知識を習得することは法律で定められています。
なので、たとえ子供のころから勉強していたため高校卒業の時点で整復師になるための知識を十分に持っていたとしても、専門学校を経ずに国家試験を受験することはできません。

このように聞くと試験は難しいものと感じてしまうかもしれませんが、合格率は七十パーセントから八十パーセントと決して低いものではありません。

なので、専門学校できちんと基礎知識を学習した人は高い確率で合格し柔道整復師になることができるでしょう。





mouseover